賭け

トランプ記憶向上術

トランプは空いた時間を使ってできる楽しい娯楽です。お金を賭けたプレイであれ、暇つぶしであれ、満足のいく時間を過ごせることでしょう。しかし、さらにゲームのスキルがあればプレイ中に、より賢明な判断ができ、より多くのチャンスを掴めます。カードを記憶することは役に立ちます。覚えたカードに基づいて計画を立てたり、対戦相手の行動を予測したりすることも可能になるのです。カードを記憶していれば、ゲーム中に次の人がブラフをした際にも、残ったカードの数を確実に把握することができます。

ベッティングカード

まずは絵札から覚える:

52枚のデッキの中で、絵札はもっとも覚えるのが簡単です。これらのカードには視覚的な特徴があり、人物が描かれたカードや図案は、より記憶に残ります。絵札を他のカードから分けて最初の12枚を覚えてしまえば、まず良い取っ掛かりとなるでしょう。カードを覚えるには時間がかかるため、忍耐強く取り組みましょう。

人  / 行動 / 物:

52枚のカードと聞くと多いように感じますが、いくつかに分類して覚えると良いでしょう。これは容易に記憶できる便利な方法であり、複雑なテクニックを必要としません。このテクニックではまず、絵札のみに集中します。例えばスペードのキングから帽子をかぶった隣人を想像するといったように、絵札と人あるいは図を関連付けます。そのカードにストーリーや似ている点などを付け加えて考えると、さらに思い出しやすくなるでしょう。2番目にカードと行動を、そして3番目にはカードと物を関連付けます。タスクの最後には3枚の絵札のイメージが頭に残るというわけです。1つの場面を頭に描き、3枚のカードを同時に覚えることも可能です。

メモリースポットを活用する:

これは独特な脳の使い方であり、多くのエキスパートがこのテクニックを使っています。「メモリーパレス(記憶の宮殿)」はシャーロック・ホームズが実践していたことで有名ですが、実用的なテクニックです。私たちの脳は膨大な量のデータを蓄えるように作られており、誰でもすべてのデータを保存するメモリーパレスを作ることができるのです。メモリーパレスは頭の中にある想像上の場所であり、そこにはあなたが知ることすべてを保存できます。例えばメモリーパレスに自分の店を作ることもできます。架空の宮殿に足を踏み入れる時、門番として絵札の人物を配置することができます。同様に、他の物を配置しても構いません。すべて想像上のものであっても、記憶を助ける世界を作り上げることができるのです。

覚える範囲を広げる:

絵札を覚え終わったら、それ以外のカードを覚えましょう。似ているカードをまとめて一緒に覚えていくとよいでしょう。

カード

まとめ:

カードに限らず、物事を記憶するのは簡単です。しかし、それには労力と時間を要します。自分のテクニックを見つけて、コツコツと練習しましょう。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *